生まれ月と年だけで占える

的中する確率が高い

星座

九星気学は、運勢だけでなく、相性も占えると注目されている占いです。誕生月と年によって定められた9つの本命星によって、9つのタイプに分類され、それぞれの星の性格の特徴や相性がわかります。シンプルな方法ですが、的中率が高いことでも有名で、高い支持を得ています。ビジネスの相手との相性を知り、アプローチの方法変えたり、恋人や婚約者との相性を知り、結婚に向いているのかの指針とすることもできるほか、人間関係がうまくいかない時には、相手の本命星を調べ、性格を分析したうえで、どのように対処すればよいのか対策を練ることができるのも利点です。ほかの占いは、正確な生年月日を必要とするものが多いですが、九星気学は生まれた月と年さえわかれば良いので、こっそりと相性を占えるというメリットもあります。スマホ依存で、直接のコミュニケーションが苦手な人が増える中、九星気学は、人間関係の構築に一役買ってくれる占いです。このように、気軽に相性を診断できるというのが、九星気学が注目される理由でもありますが、それだけではなく、長い歴史を持つ占いであることも理由でしょう。古くは、中国の皇帝や貴族が、九星気学で国政の決断や戦の勝率などを占っており、長い間庶民には秘密にされてきたという歴史があります。また、九星気学は占いでありながら、統計学や哲学に近く、スピリチュアルに傾倒していないのも、現代人に注目されている理由と言えるでしょう。

運をひきよせる

婦人

言霊(ことだま)は、言葉がただのものではなく霊的な力さえ宿っているという考えです。これは一部の方だけ特殊な考え方というわけではなく、目標を言葉にして掲げることも広い意味では言霊です。もともと人の気持ちというのはあいまいなもので、私たちはそれを言葉という形にして確認したり認識したりしています。逆に言葉にすることによって、心を整えたりこころを変化させることもできるのです。例えば仕事でとても忙しかった日、あなたはどんな言葉で表現しますか。「もう疲れた。明日は仕事に行きたくない。」と声に出して言う人もいれば、「今日は充実していたな。明日もきっと充実した日になるな、がんばろう。」という人もいます。どちらが活力が湧いてくるでしょうか。どちらの言葉と使ったとしても、明日も仕事にいくことに変わりはありません。どうせ行かなければならないのなら、できるだけ明るく前向きに生活したいものですね。言霊の力がすごいのは、人間というのは同じような言葉遣いの人同士集まる傾向があります。「明日もがんばろう。」といっている人には同じような言葉を遣う人が集まります。そうすると仲間に刺激されて本当に乗り切れてしまうのです。言霊の効果を高めるためには繰り返し言うことも大切ですし、より具体的に言葉で表現することも必要です。大人になるとなかなか人から応援されることがありませんよね。そんなときは自分で、頑張っている自分を繰り返し応援してあげてください。「今日も難しい案件を3つもこなし、22時まで仕事をしたのだから、大丈夫。明日もなんとかなるよ。」と具体的な理由も追加すれば完璧です。自分も周りも励まされます。言霊の効果は実際にやってみるとわかります。ぜひ試してみてください。

口コミでも評判が良い

男女

仕事は、自分がどんなに頑張っても上手くいかない時があります。そんな時は、自己嫌悪に陥るのではなく、占いに頼ってみるのも一つの手でしょう。公には公表されていなくても、大きな仕事の決断をする時に、頼りにしている占い師に頼るという人も多いようで、地位が高くなるほど、その傾向が高くなるという調査結果もあります。仕事運を占う方法としては、タロット占いや四柱推命、霊視など、さまざまなタイプの占いがありますが、多くの場合、1時間3000円から5000円が相場となっています。メディアなどに登場する名の知れた占い師や、当たると評判の高い占い師は、1時間に3万円以上の鑑定料が設定されていることもあります。インターネットでは、仕事運を無料で鑑定できるサイトなどもあるので、まずは、料金のかからないものから試してみるのも良いでしょう。実際に占いを利用した人の口コミでは、「お手ごろな値段で仕事の悩みを鑑定してもらい、適切なアドバイスも貰えたので収穫がありました」、「転職しようか迷っていましたが、占い師にとめられて保留していたら、昇格できました」など、占い師に相談して、仕事運が好転したという意見がたくさん見られます。また、「当たりませんでしたが、胸のモヤモヤを吐き出すことができたので、満足しています」のように、占いの鑑定は当たらなくても、悩みを相談できたことに充足感を感じている人もいるようです。仕事に悩みを抱えている人は、一度利用してみてはいかがでしょう。